脱毛中にムダ毛の処理を行うときには、毛抜きではなく剃る方法で処理するようにしましょう。脱毛の施術を行った場合でも、その効果が出てくるまでには一定の時間がかかってきますので、毛の処理を行う必要も出てくるのですが、毛抜きで抜いてしまうと毛根がなくなってしまう為、レーザーや光を照射することができなくなります。

この場合、また毛が生えてくるまで待ってから施術を行わなければいけませんので、その分脱毛する予定も狂ってしまうのです。また、毛抜きで処理した場合、毛穴に大きな負担をかけてしまい炎症を起こしやすくなるのですが、炎症している状態では脱毛の施術を受けることはできません。

炎症したままの状態で脱毛してしまうことで、肌に痛みを感じたり、トラブルの元となってきますので施術を受けられなくなってしまうのです。

肌トラブルを避けながら順調なリズムで施術を行うためには、毛を抜くのではなく剃る方法で処理するようにしましょう。

剃った場合、毛根がなくなることもなく順調に施術を行えますし、気を付けてケアすることでお肌に負担をかけずに毛を処理できるようになってくるのです。とくに電気シェーバーを使うことで、肌に対しての負担を大幅に減らすことができます。

なぜ毛抜きで抜くと肌荒れするのか

ムダ毛を処理する際に毛抜きで自己処理をするという人も少なくありません。都合の良い時間に自宅で手軽に処理できるのはメリットですが、毛抜きを使っての脱毛には肌に大きな負担をかけてしまうというデメリットがあります。その中でも一番起こりやすいのは肌荒れです。

毛抜きで脱毛処理をすると、処理している部分に痛みが生じます。それは肌に対して負担をかけているからなのです。毛根まですっぽりと抜けてしまった毛穴から、雑菌が入り込んでしまうことがあります。そうなるとそこから炎症を引き起こしてしまいます。

また毛根の先にある毛細血管も毛抜きの脱毛の際に傷つけてしまうことがあります。毛細血管を傷つけてしまうと、毛穴から出血をおこしてしまうこともあるのです。ムダ毛を抜いた後に、その毛穴はぽっかりと明いた状態になります。

その穴は角質によって塞がれますが、塞がれた後に再び毛が生えてくると埋没毛となってしまうこともあり、肌の表面に黒いぶつぶつとしたものができてしまうこともあります。

こういった肌荒れを軽減するためには処理の前には、蒸しタオルなどで処理する部分を温めて毛穴を開いて抜きやすくし、処理後はコットンに含ませた化粧水などで肌を冷やして毛穴を引き締め、肌のケアをすることが大切です。

業務用と家庭用脱毛器の効果の違い

業務用と家庭用脱毛器の効果の違いで、最も大きな要素としては効果の強さが挙がります。業務用の機器は、専門の知識がある方が施術を行う事になりますから、脱毛を行ったあとの肌の状態もその場で確認して、トラブルが起こっても対応してくれる事になりますから、効果の強いものを使ってムダ毛の処理を行っていきます。

家庭用の機器の場合は、家庭で行う事になるので肌等の健康被害のリスクを抑える為に効果を抑えています、何かトラブルが起こった時に、即座に対応出来ない事もあるので、一回毎の効果は低くして、長く時間をかけて効果を出すように配慮されています。

脱毛を専門のサロンやクリニックで行うと、肌への影響を考えて施術を行い、クリニックの場合は医師免許を所持している方が出力パワーの高いレーザーやニードル等で施術を行い、何かトラブルが起これば医師がその場で判断して対応してくれる事になります、ですからクリニックでは効果が高くて痛みも強いというような施術が可能になります。

家庭で使う脱毛器は1人で使う事を前提にして、安全性を重視して作られているので、早く結果が欲しい場合は専門の知識をもったサロンやクリニックでの脱毛を行う事が望ましくなります。

脱毛治療にはステロイドが有効

脱毛症には、色々な種類があります。遺伝やストレスはおよそ3割程度と言われています。そして、その他の多くを占める脱毛症が自己免疫疾患の場合が多いです。

自己免疫疾患とは、自分自身を異物ととらえてしまい、体内で毛根を過剰に攻撃をしてしまい、その結果、毛が抜けてしまう症状です。この自己免疫疾患の場合は、ステロイド治療が効果的だということはご存知でしょうか?

ステロイドには、脱毛症の原因の自分で毛根にダメージを与えてしまう頭皮のリンパ球の働きを抑え、炎症を沈めて脱毛症を止める働きがあります。そして、患部に塗るだけで毛が生えてくる事もあります。円形脱毛症の治療には、フルメタ、デルモベート、アンテベートなど強力なレベルの治療薬が使われます。

この症状を抑えるには、このレベルの治療薬が必要です。しかし、このレベルのステロイドになると下記の様な副作用が起きてしまう場合があります。・内服の場合生理不順・肌が黒くなる・骨粗しょう症・多尿・十二指腸潰瘍・感染症など・外用の場合緑内障や白内障・ウイルスや細菌による感染症・お肌のひとい乾燥や皮膚の厚みが減るなどですので、もし、この治療法を試す場合は、担当の医師とよく相談する事をおススメします。